ベジママに含まれる成分は多嚢胞性卵巣症候群に効果がある?

妊娠を希望している女性の中には、葉酸サプリを摂取している人が少なくありません。

 

葉酸は、女性にとって重要な栄養素ですが、妊婦には特に重要。その様なこともあり、妊娠前から葉酸サプリを摂取している人が増えているんです。

ベジママ 多嚢胞性卵巣症候群

日本では、様々なメーカーが葉酸サプリを開発して販売を行っていますが数ある葉酸サプリの中で、人気が高いのがベジママです。

 

ベジママには、葉酸をはじめ、妊婦に必要な多くの成分が配合されています。

 

ベジママの特長のひとつが、ピニトールの配合です。ピニトールは、ルイボスや大豆、アイスプラントなどに多く含まれている栄養素です。

 

植物由来の成分なので、妊娠を考えている女性でも安心して摂取することができます。

 

アメリカでは、ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群用のサプリメントにも使われています。その為、日本ではベジママに注目が集まっているんです。

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因は?

ベジママ 多嚢胞性卵巣症候群

 

日本では、多嚢胞性卵巣症候群で悩んでいる女性が少なくありません。

 

PCOとも呼ばれる多嚢胞性卵巣症候群を発症すると、卵巣の中に卵胞がたくさんできて、排卵が起こりにくくなります。

 

多嚢胞性卵巣症候群だと診断されても、その多くは軽いものが多いです。ただ、医療機関で検査をして、しっかりと治療することが大事です。妊娠するには、良い卵を排卵させることが重要なのです。

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因には、様々な説があり、現在でも解明されていません。

 

ただ、糖代謝の異常や、内分泌異常などが有力な説となっています。

 

診断では、血液中のホルモン検査や卵巣の超音波検査をします。場合によっては、腹腔鏡下手術によって、卵巣の一部を採取し、顕微鏡検査をすることもあります。

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療方法は?

ベジママ 多嚢胞性卵巣症候群

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療法については

現在のところ根本的な治療法はありません。

 

ただ、排卵に問題が起こった場合は、不妊症になる可能性が高くなるので、妊娠を希望する女性に対しては、排卵誘発法を行うこともあります。

 

この方法では、数日間、排卵誘発剤を服用します。すると、8割の女性は排卵を起こします。

 

ただ、PCOの場合、排卵の誘発を行ったときに、卵巣過剰刺激症候群という副作用を起こしやすくなるので、注意が必要です。

 

妊娠の希望がない場合は、低用量ピルなどのホルモン剤を使った治療や、ホルモン療法を行います。

 

PCOは、糖代謝や肥満と関連が深いと言われています。ですから、PCOと診断された場合は、生活の見直しを行うことも大切です。

 

▼ベジママはピニトール配合▼

ベジママ 多嚢胞性卵巣症候群 ボタン

 

>> ベジママを最安値で購入する方法教えます  TOP