ベジママに含まれる葉酸とはそもそもどんな働きを期待できる?

ベジママ 葉酸

 

葉酸は厚生労働省が妊娠可能な年齢の女性に摂取を推奨している栄養素です。

 

お腹の中の赤ちゃんを健康な状態で育てる為には、妊娠したことが判明してからではなく妊娠する前、妊活中から補うことが大切なポイントです。

 

葉酸には

  • 赤ちゃんに障害を予防する働き
  • 赤ちゃんの体の成長を促す働き
  • ママのコンディションを整える働き

など、さまざまな働きがあります。

 

妊娠中の女性は体が急激に変化する為、コンディションを崩さない様に栄養バランスの取れた食事を摂取することが必要不可欠です。

 

緑黄色野菜や果物など多くの食品に含まれているので比較的容易に摂取出来ると思いがちです。

ベジママ 葉酸

しかし、妊婦さんの場合はつわりや体調不良で普段の食生活が送れない場合もあります。そういった方はベジママを利用すれば不足している葉酸を簡単に補うことができます。

 

葉酸が不足した場合、どんなことが起こる可能性があるの?

ベジママ 葉酸

 

妊娠前や妊娠初期の女性の体で葉酸不足が起こっていると

赤ちゃんに先天性疾患が起こる可能性があるので注意が必要です。

 

神経管閉鎖障害という先天性疾患は脳や脊椎に癒合不全が起こることで、健康な状態で誕生することは不可能になります。

 

そこで日本だけでなく世界各国で葉酸不足の改善を推進しており、日本ではサプリメントを使って補う方が増えています。

 

ベジママは妊活サプリメントとして多くの女性から選ばれており、妊活専門雑誌や口コミサイトなどでも注目を集めています。

 

食生活に不安がある方は勿論ですが、健康志向の高い方や女性らしさを保ちたい方、体のリズムを整えたい方は、ベジママを利用して体に嬉しい栄養素を積極的に摂取しましょう。

 

葉酸はどれぐらいの時期から摂取すると良いの?

ベジママ 葉酸

 

葉酸は妊娠してから摂取するものとお考えの方は少なくありませんが、実際には妊娠する前から補っておきたい栄養素です。

 

妊娠したことが判ったときには既に妊娠2カ月目に入っているので、お腹の中の赤ちゃんは育ち始めています。

 

障害が起こりえる神経管は妊娠3週目には発達していますから、妊娠が判る2カ月目から摂取するのではなく妊娠する前に摂取しなければなりません。

 

つまり妊活を始めたら、すぐにでもベジママを始めた方が安心です。

 

1日の摂取量は妊婦さんで400μgが目安となっていますが、ベジママを取り入れると1日4粒摂取するだけで簡単に補えるようになります。

 

ベジママには

  • ピニトール
  • ルイボス
  • ビタミンC
  • ビタミンE

など多くの栄養素が凝縮されています。

 

▼初回定期50%OFF▼

ベジママ 葉酸 ボタン

 

>> ベジママを最安値で購入する方法教えます  TOP